最低証拠金やスプレッドをチェック!


取引手数料無料の会社が増えてきているといっても?

 

数あるFX業者の中から、自分に合う会社を選ぶには、サービスやコスト面など、

あらゆる角度からチェックをする必要があります。

 

まず、最初のポイントはトータールの手数料と最低証拠金の金額です。

 

FX人気が高まっている理由の一つが、24時間、世界のどこかで取引が行われているので、

ライフスタイルに合わせて好きな時間に取引ができる点ですが…。

 

特に手数料はリターン(収益)に直結する部分なので、

気になる人が多いことでしょう。

 

取引の都度かかる取引手数料については、FX業者によってかなりばらつきがあります。

最近は無料の会社も増えました。

 

ただし、無料といっても、手数料がまったくかかっていないわけではありません。

スプレッド、つまり売値と買値の差がFX業者の儲けとなります。

 

これが言うならば、見えざる手数料なのです。

 

ですから、トータルの手数料に注目するとこには、取引手数料と併せて、

スプレッドも確認することが大切です。取引手数料無料につられて、取引を始めたものの、

スプレッドが大きければ、結果的に多額のコストを負担することになりかねないのです。

 

なお、スプレッドはFX業者業者によって異なります。大差はないものの、

事前に確認しておきましょう。

 

最低証拠金の金額についても、会社によってまちまちで、10万円と設定されている会社もあれば、

1万円から始められる会社もあります。

 

※最低証拠金とは、FXの口座開設時に預け入れる最低限必要な証拠金。

書くFX業者業者によって異なる。全額を証拠金として使用出来るが、

講座開設費用としていちづけられている場合が多い。

 

最低証拠金が安い方が気軽に始められる良さがある反面、レバレッジが高くなっている点

も知っておいてください。

 

取引コストが安いという理由だけで先走らないように注意しましょう。